京の四季

kyoto-seasons

季節の京都

四季折々の美しい彩りを織りなす京都。毎月、お祭りやイベントが行われています。おすすめのお祭りをちょっとご案内します。

京都の冬

献茶祭
12月1日(木) 10時~  北野天満宮

天正15年に秀吉が催した北野大茶会にちなむ行事です。拝服茶券 5,000円

厄除け大根だき

いろいろな言い伝えがある「大根だき」は、年の瀬の楽しみな年中行事です。熱い大根を食すれば体が温まり、厄除けを兼ねた京の町の師走の風物詩として多くの参拝者で賑わいます。

●厄落としの大根焚き 12月3日(土)・4日(日) 10時〜15時 三宝寺

●釈尊成道会・大根だき 12月10日(土)11時〜 妙満寺

●成道会法要・大根だき 12月7日(水)・8日(木) 千本釈迦堂(大報恩寺)

●報恩講(大根焚) 12月9日(金)・10日(土) 了徳寺

終い縁日

12月は毎月行われている縁日のおしまいの月。より一層にぎわいます。

●終い金比羅(しまいこんぴら)12月10日(土)10時〜 安井金比羅宮
この日から初金比羅の1月10日まで、稲穂に紅白の折鶴、松竹梅などを配した神札「稲宝来」が社頭で参詣者に授与されます。

●終い弘法(しまいこうぽう)12月21日(水)8時〜16時 東寺
21日は弘法大師の月命日。一年最後の弘法さんの縁日は、縁起物、植木、骨董品まで、広い境内に所狭しと多数の露店が並び、多くの参拝者・観光客で特に賑わいをみせます。

●終い天神(しまいてんじん)12月25日(日) 北野天満宮
祭神の菅原道真が生まれ、流され、亡くなった日がいずれも25日だといわれ縁日が開かれます。一年最後の縁日は、早朝から社頭に多くの露店が立ち並び、参拝者で終日賑わいます。

事始め

12月13日(火)10時頃〜 花街
正月の準備を始め、お世話になった方のところに挨拶に行く風習です。なかでも祇園のものがよく知られており、芸妓さんや舞妓さんが鏡餅を持って師匠のところに挨拶に行く光景が見られます。
大福梅の授与

12月13日(火)8時30分〜 北野天満宮
疫病が平癒した故事により、採集した梅を6月10日前後に土用干しし、梅干として裏白とともにこの日より授与されます(一袋500円)。

煤払い(すすはらい)

12月20日(火)東本願寺:9時〜
年の瀬の行事。僧侶や門信徒が堂内の畳を叩き、大団扇で一斉に埃を堂外にあおぎ出します。

京都・嵐山花灯路2015

12月9日(金)〜12月18日(日) 17時〜20時30分  嵯峨・嵐山
日本情緒豊かな陰影のある露地行灯の「灯り」といけばな作品の「花」でつなぐ散策 路は総延長約5キロ。嵯峨・嵐山の自然や景観を生かし、思わず歩きたくなる路を演出します。
【特別拝観・開館・ライトアップの寺院・神社】
二尊院、落柿舎、常寂光寺、野宮神社、大河内山荘庭園、天龍寺(夜間はなし)、法輪寺、時雨殿、宝厳院

秋の夜間拝観・もみじのライトアップ
なごりの紅葉。昼とは違った京都の風情をお楽しみいただけます。(日没〜21時ぐらいまで)

●10月21日(金)~ 12月11日(日)高台寺

●10月21日(金)~ 12月11日(日)※12月9.10日は拝観休止 圓徳院

●10月28日(金)~ 12月4日(日)青蓮院

●11月8日(火)~ 12月4日(木)永観堂

●11月18日(金)~ 12月4日(月)隨心院

●11月12日(土)~ 12月4日(日)清水寺

●11月12日(土)~ 12月4日(日)北野天満宮

●11月11日(金)~ 12月4日(日)旧嵯峨御所 大覚寺門跡

大晦日

をけら詣 12月31日(土)
年末年始(大晦日夜から元旦)にかけての無病息災・厄除けのお参りです。
年末新しくきりだしたをけら火を、火縄にうつして持ち帰り、火伏せの御守として台所にお祀り下さい。

●八坂神社 ●北野天満宮

seasons kyoto

春

--筍の思い出--
--端午の節句と粽肉--
--じゃがとすき焼きの思い出--

夏

--お精霊さんと素麺の思い出--
--祇園祭と鱧料理--

秋

--丹波栗と栗ご飯--
--秋茄子とニシンの煮いたん--
--とり市さんの松茸--
--かやくご飯--

冬

--白味噌雑煮--
--いなり寿司と畑菜の辛し和え--
--ひな祭り--

京のおばんざい