京の四季

kyoto-seasons

季節の京都

四季折々の美しい彩りを織りなす京都。毎月、お祭りやイベントが行われています。おすすめのお祭りをちょっとご案内します。

京都の冬

節 分

●2月2日(木)〜 4日(土) 吉田神社
2日18時より、平安時代から宮中で行われてきた古式による追儺式が行われます。
●2月3日(金) 平安神宮
大儺(だいな)の儀は、平安朝当時、宮中の年中行事として行われていた追儺式の古式を復元したものです。福豆まきは15時より。
●2月2日(木)、 3日(金) 八坂神社
4つの花街の芸妓・舞妓による舞踊奉納と豆まきが行われます。
●2月3日(金) 六波羅蜜寺
15時頃より行われる六斎念仏は開山空也上人の念仏踊りより千年来の伝統を持つ重要無形民俗文化財です。豆まきは六斎念仏の前後。
●2月3日(金) 地主神社
厄除け開運、無病息災を祈願し、「豆まき神事」、「福豆」授与(500円)、「人形祓い」など。14時より本殿前にて行われます。
●2月3日(金) 伏見稲荷大社
9時から祭典の後、3回の豆まきがあり(予定)、広い境内が賑わいます。
●2月2日(木)、 3日(金) 千本ゑんま堂(引接寺)
厄除けこんにゃく煮(400円)は有名。3日の夜は「ゑんま堂念仏狂言」が奉納されます。
●2月3日(金) 千本釈迦堂(大報恩寺)
15時より茂山社中による狂言の奉納が行われ、その後、紅白のおかめ装束をした男女が、福徳円満、お多福招来等の祈願を受けて一年の厄除けをします。
●2月2日(木)〜 4日(土) 壬生寺
炮烙奉納、お練り供養、大護摩供養、厄除け護摩祈祷、星祭と祭事は多彩です。
●2月3日(金) 北野天満宮
追儺式では(13時より)狂言が茂山千五郎社中により行われ、その後、上七軒歌舞会による日本舞踊、豆まきが行われます。

初午大祭

2月12日(日) 伏見稲荷大社

和銅4年(711年)に祭神が降臨された事にちなむ行事で、「福参り」とも呼ばれ、大変賑わいます。

幸せを呼ぶ初午大根焚き

2月10日(金)~13日(月) 三千院
護摩堂でご祈祷の後、大原の畑でとれた大根で大根炊きが行われ、無料で参拝者に配られます。

城南宮の七草粥

2月11日(土・祝) 城南宮
古くから御所に伝わる京の伝統行事"蹴鞠"が奉納され、一般に公開されます。七草粥授与 500円

五大力尊仁王会(ごだいりきそん にんのうえ)

2月23日(木) 醍醐寺
「五大力さん」として親しまれている「五大力尊仁王会」が営まれます。金堂前広場では、餅上げ力競べ大会が正午より始まり、力自慢が名乗りを上げ、優勝者には、この大鏡餅が授与されます。

梅花祭

2月25日(土) 北野天満宮
2月25日は、祭神菅原道真公の命日にあたり、梅の花をこよなく愛でた道真を偲び祭典が行われます。

  • 野点茶席 10時~15時
  • 茶拝服券 1500円(宝物殿拝観と御供物付)

 

梅の見どころ

●2月上旬〜3月下旬  北野天満宮
●2月中旬~3月中旬 京都御苑
●2月中旬~3月上中旬 元離宮二条城
●3月中旬~下旬 隨心院
●2月中旬~3月中旬 梅宮大社

seasons kyoto

春

--筍の思い出--
--端午の節句と粽肉--
--じゃがとすき焼きの思い出--

夏

--お精霊さんと素麺の思い出--
--祇園祭と鱧料理--

秋

--丹波栗と栗ご飯--
--秋茄子とニシンの煮いたん--
--とり市さんの松茸--
--かやくご飯--

冬

--白味噌雑煮--
--いなり寿司と畑菜の辛し和え--
--ひな祭り--

京のおばんざい