おばんざいの基礎

おばんざいの基礎(だし)

soup stock

「おばんざい」とは、京都のお母さんの味、お惣菜のことです。旬の食材をつかった 簡単なおばんざいをご紹介

こんぶとかつおの出し汁

おばんざいに限らず、お料理の基本は「だし」ですね。 ちょっと一手間かけて、「だし」をしっかり取るだけで、 味がかなり変わってきます! しかも使うものは「水」「こんぶ」「削り節」「なべ」です。 美味しいものを作りたかったら、ぜひ、1回試してください。 冷蔵庫で5日ほど持ちますから、作り置きしてもOKです。

obanzai

作り方

1.鍋に水と昆布を入れ、火にかける。
2.沸騰直前に、削り節をいれ沸騰したら、ざるで漉して1番だしを取る。
3.1番だしは、吸い物や、出しご飯
   (竹の子ご飯、かやくご飯等)につかう。


「1番だし」

材料
 水・・・2000cc
 昆布・・10cm
 削り節・・・一つかみ
      (写真参照)

1.1番だしをとった後の昆布と削り節を鍋にいれ、水1000ccを入れる。

2.1の鍋を火にかけ、中火で15分程煮たものを、ざるで漉して2番だしをとる。

3.2番だしは、煮物のにつかう。その時は追い鰹といい、鰹をガーゼやペーパータオルでつつんだものを、煮物の上において炊き上げる。若竹煮や、小芋の煮物などにつかう。



「2番だし」

材料
水・・・1000cc
1番だしを出したあとのなべの中身
(昆布と削り節)

京のおばんざい