7 8 9 10 11 12
4
5
6
7
1
おたべの味の決め手となる餡の原料である小豆を、一人の生産者が生産した小豆のみで作りたい。
というこだわりを実現したい。 そうすることで、「おたべ」のものづくりの気持ちを皆で分かち合いたい。

小豆を選別してくれる人達

株式会社山本忠信商店
社長 山本 英明さん



【農業の未来を切り拓くリーダー】

●農業の誇りとは
消費者の方が農産物を選ぶ時、どんな人が作ったのか知りたいと思うのと同じように、生産者側も自分の作ったものがどこに行ってどんな評価をされているのか、とても興味を持っています。私たちはその評価まで生産者に伝えてあげなくてはいけないと考えています。
ある時こんな話を聞きました。
生産者のお父さんが家族みんなを集めて、契約栽培した自分の小豆を使って作られたお菓子を配って、「俺が作った小豆だ。食ってみろ」って嬉しそうに言ったんだそうです。あぁ農業やってた時の喜びってこういうことなんだな。こういう思いを生産者にさせてあげたい、そう強く思いました。
弊社が掲げる 『「つくる」を「食べる」のもっと近くに』 とはこういうことです。

 

●食の安全への想い
生産者にしてみたら、以前は実需の方との繋がりを感じることがなかったから、メーカーが求めるような外形の良い豆を作ればそれでよかったわけです。
でもおたべ会の取り組みの中で、「今年の小豆良かったよ」って話を聞くようになると、メーカーが良いと言うかどうかじゃなくて、どうすればおたべになったときにうまい小豆になるかを考えるわけです。実需の方に近づいたってことは、当然その先に消費者がいるから消費者にも近づいています。
安全・安心も同じで、やっぱり消費者を感じられるような農業にしてあげることだと思います。
だから近くしてあげることが一番なんです。安全・安心なんていうものは、結局は数値だけでは絶対に担保できないものだと思うからです。
もうひとつは、安全と安心は分けて考えなければいけないと思っています。
安全はある程度数値で表せます。
ただ、安心は「この人たちは安全が保証されてない農作物は絶対に作らないから大丈夫」という組み方をしたときに、それが安心。それは数値では出てこないものです。

 

●おたべ会は革新的
おたべ会の取り組みは革新的だと思います。
生産者の意識も相当変えるんじゃないでしょうか。初めて増田くんからおたべ会のことを相談された時は、それは 『「つくる」を「食べる」のもっと近くに』 のある程度完成形だと思いました。「それは大賛成だ。おお、ここまで来たか」という感じでした。
おたべ会の取り組みには生産者もやりがいを感じていると思います。損得だけだったらやりません。 あらゆる仕事にとって言えることですが、自分の苦労が誰のためになっているのか、誰が喜んでくれているのかを感じられるようになると、同じ作業なのにやりがいを感じられたりする。おたべ会はまさしく生産者にとってのそれだと思います。

 



おたべ会フォトギャラリー